ラプチャーディスク / ラプチャーディスクについて

ラプチャーディスクの使用材料

ディスクに使用する材料は、ディスクに接触する流体に対する耐食性と、使用温度、製作範囲により選定する必要があります。

ディスク各材料の耐食性は耐食材料便覧、材料メーカカタログ、実績などから選定するか、使用流体が数種類の混合流体である場合等では、ユーザさまから指定していただくのが理想的です。

ステンレス

  • (316, 316L:UNS NO. S31600, S31603, JIS相当材:SUS316, SUS316L)
  • オーステナイト系ステンレスで耐食性に優れ、化学工業に多く使用されている。
  • 鉄をベースとし、クロムとニッケルを基本成分として含有する合金で、クロムは鉄の中に入ると表面に薄い膜を作って錆を防ぐ。
  • ラプチャーディスク用として最も多く使用されている。

ニッケル

  • (Nickel 200, 201:UNS NO. N02200, N02201,JIS相当材:NNCP, NLCP)
  • 純粋(99%以上)のニッケルで、多くの腐食環境に対して耐食性を持っている。
  • 製品の純度を保つような用途に適している。
  • 食品、合成繊維、カセイソーダ等の分野に使用される。
  • ラプチャーディスク用としてステンレスとともに多く使用されている。

インコネル

  • (ALLOY600:UNS NO. N06600, JIS相当材:NCF600)
  • 高温における種々の腐食環境で使用される、耐食性のある材料。
  • ニッケルを主成分(72%以上)とし、クロムと鉄を基本成分として含有する合金。
  • 高温におけるのと同様、低温においても優れた機械的性質を示す。
  • 塩素イオンによる応力腐食割れと純水に対する耐食性が優れてる。

タンタル

  • (タンタリューム:UNS NO. R05200, R05400, JIS相当材:TaP, TaR)
  • 純粋(99%以上)のタンタルで耐酸性が非常に高い。
  • 王水および高温の濃硫酸、濃塩酸にも耐える。フッ酸には不適である。

モネル

  • (モネル400:UNS NO. N04400, JIS相当材:NCuP)
  • ニッケル合金の一種で、海水、酸、アルカリなど広範囲な耐食性を持つ。

ハステロイ

  • (ハステロイC-276:UNS NO. N10276, JIS相当材:NMCrP)
  • ニッケルを主成分とし、モリブデンとクロムを基本成分として含有する合金。
  • 石油化学(塩ビ、アセトアルデヒド、酢酸、ポリプロピレン、アルキルベンゼン、アセトン、アセテート、テレフタル酸)関連に使用されている。

テフロン

  • (フッ素樹脂)
  • 耐熱・耐寒性が良く、ほとんどの薬品に侵されない。
  • 耐候性、非粘着性が良い。
  • 弊社で使用しているテフロンは、FEP(四フッ化エチレンと六フッ化プロピレンの共重合体、最高使用温度232℃)とPFA(四フッ化エチレンとパーフルオロアルキルビニルエーテルの共重合体、最高使用温度260℃)である。ディスクとして使用する場合、厚みが薄いため、塩素ガスなど流体によっては透過する恐れがある。