ラプチャーディスク / ラプチャーディスクについて

ラプチャーディスクやホルダーの腐食対策、テフロンライニングとは?

配管や装置の破損を過剰圧力から守るために設置されるラプチャーディスクは、設定した圧力や温度で金属板が破裂をすることで過剰圧力を解放して破損を防止させます。
ラプチャーディスクは、設置する環境や取り扱い流体に適した種類や材質などのものを選んで、確実に稼働するようにしなくてはなりません。
そこで、腐食性流体を取り扱う際には、できる対策がいくつかあります。
ラプチャーディスクやホルダーの腐食対策について詳しく解説していきます。

腐食性流体に特別な対策が必要な理由とは?

ラプチャーディスクやホルダーには、それぞれ取り扱い流体や状況に応じたものを選ぶ必要がありますが、腐食流体に関してはディスクやホルダーの腐食を予防するための策が必要になります。
なぜ腐食することを予防する必要があるのでしょうか?

設定通りにディスクが破裂しない可能性がある

ラプチャーディスクは、設定された温度や圧力で金属板が破裂する仕組みです。
しかし、腐食性流体を取り扱う配管や設備に設置した際に、ラプチャーディスクを固定するためのホルダーが腐食することがあります。
そうすると、設定した圧力や温度でラプチャーディスクが作動しないという事態が起こってしまうのです。
過剰圧力が発生していないにも関わらず過早破裂を起こしたり、破裂しなくてはいけない状況で破裂しないといった状況が起こり得るのです。

ラプチャーディスクやホルダーの腐食対策

ラプチャーディスクやホルダーが腐食しないようにするためには、専用のラプチャーディスクやホルダーを選んで腐食に耐えられるようにしなくてはなりません。
安全装置だからこそ、確実に稼働させられるように耐食性を高めなくてはならないのです。
腐食対策に関してどのようなことができるのか見ていきましょう。

テフロンライニングを施す

腐食流体への対策としては、ラプチャーディスクやホルダーの接液部、もしくはラプチャーディスクの出入り口にテフロンライニングを施すことが腐食流体への対策になります。
テフロンライニングは、テフロン(フッ素樹脂)を材料としてライニングを行うことです。
テフロンは、フライパンなどの日常品でも使用されていることから、テフロン加工として知っている人も多いでしょう。
耐熱性と耐食性に優れており、腐食性の高い流体に侵されることがありません。
加工自体も安価に可能で、腐食に対する予防加工として利用されることが多いです。
ただし、専用ホルダーのテフロンライニングの厚みは1.5~2㎜、ラプチャーディスクは0.5㎜より薄くなるので塩素ガスなどの流体はフロンを透過する可能性があるので注意が必要です。

更に高級な耐食性材質を施す

テフロンライニングでは腐食を防ぐことができないような場合は、テフロンよりも更に高級な耐食性材質を施す必要があります。
高級な耐食性材質は、SUS316LやHastC、チタンやタンタルなどが挙げられます。
しかし、チタンやタンタルになると非常に高価になり、ホルダーやディスクの制作にも時間が必要になります。
ただし、ステンレス材の専用ホルダーにタンタル板を特殊加工でライニングした場合には、安価ながらも耐食性に優れたホルダーとなります。

まとめ

ラプチャーディスクは安全装置の中でも最終的な安全を守るための装置になるので、確実に稼働させられるよう備えなくてはなりません。
そのため、腐食性流体を取り扱うためには、テフロンライニングを施すなど予防対策が必要です。
どういった策を取るべきか、まずはファイク社へご相談ください。