ラプチャーディスク / 製品一覧

BC-2型

標準的な破裂検出装置。 ニックネームは「監視員」。

対応型式

SRX、SRL、AXIUS、MRK、POLY-SD、HO、P

取り付け方法

フランジ取付

特徴

ラプチャーディスクが破裂した際に、電気的な信号を取りディスクが割れたことを知らせる破裂検出装置です。
本質安全防爆用バリアと接続時にEEx ia llB T6レーディングで使用できるように設計されています。( 破裂検出装置とは

通常ディスクアセンブリの2次側(ホルダーと2次側フランジの間)に取りつけられます。ディスクを破った異常圧力がBC2中央部の検出部に組み込まれた回路を切断し電気信号を端末に伝えます。

BC-2型インディケーターとラプチャーディスク&ホルダー
写真2:BC-2型インディケーターとラプチャーディスク&ホルダー
図1:BC-2型インディケーターの構造
BC2型インディケーターの構造口径½B〜3Bガスケットバリアへ検出回路(銅板、カプトン)テフロン膜銘板リードケーブル(別売)口径4B〜24Bバリアへガスケット検出回路テフロン膜リードケーブル(別売)

※サイズによってはテフロン膜がない場合があります

表1:BC-2型諸元
BC2型諸元 認証 口径 接続 電気定格 使用可能温度 雰囲気温度 要部 検出回路 膜部 ガスケット 材質 銅板をカプトンではさみ込み TEFLON CSA      1 2 B〜24B JIS、ANSI、DIN 他 24VAC/DC@50mA -40℃〜260℃ -40℃〜74℃ 1: ノンアスベスト標準 2:(WhiteGylon)オプション 3:(BlueGylon)オプション Canadian Standards Association ※BC2の上下に 取りつけられます

この製品の関連解説

この製品に関するご質問・お問合せ

この製品に関するご質問・お問合せ