ラプチャーディスク / 製品一覧

RD500 ATLAS/RD300 高圧用反転型ディスク

液体でも使用でき、運転圧力比が最高の95%、高圧での設定、大口径での製作が可能。繰り返し圧のある運転に強い。(RD300は90%の運転圧力比となります) ニックネームは「反転型の巨人」。

型式

反転型

種類

スコア式

主な材質

316SS/316LSS、ハステロイC、インコネル625

RD500 ATLAS/RD300型ラプチャーディスクとは

RD500 ATLAS/RD300はファイク社が特許を取得しているG2テクノロジーで製作される反転型のラプチャーディスクです。RD500 ATLAS/RD300は従来のスコア型ラプチャーディスクのように、疲労する箇所が無いため、高圧での使用にも非常に適しております。
また、最大可能運転圧力は破裂圧力の95%まで使用可能となっています。材質も複数から選ぶ事ができ、背圧やサイクル運転にも非常に強い型式となります。(RD300は設定圧力の許容交差の下限の90%まで運転可能です)

主な特徴

  • 許容公差の下限に対して95%までの圧力で運転可能です。(RD300は許容交差の下限に対して90%まで)
  • 高圧での破裂圧力が設定可能です。
  • バキュームサポート無しでフルバキュームまで使用できます。
  • 破片の飛散がありません。
  • 液体、ガス、ベーパーはもちろんどんな流体にも使用できます。
  • 製造範囲がなく標準でゼロレンジになります。
  • サイクル運転やパルスに強い。
  • プロセスサイドにFEPまたはPFAのテフロンライニングが施工できます。
  • 設定破裂圧力の1.05倍までの背圧に耐える事ができます。
  • インコネル625材はNACEのMR0103とMR0175に合致します。

RD500 ATLAS/RD300型ラプチャーディスクのホルダーについて

RD500 ATLAS/RD300型ラプチャーディスクは、ATLAS-LO(low profile)型ラプチャーディスクホルダーを使用します。このホルダーは様々な材質で製作可能で、スペーサーリングを使用する事により、安全弁の1次側で使用する事ができます。

ATLAS型ラプチャーディスクの組立(1)     
写真1:ラプチャーディスクの組立(1)
ATLAS型ラプチャーディスクの組立(2)     
写真2:ラプチャーディスクの組立(2)

この製品に関するご質問・お問合せ

この製品に関するご質問・お問合せ