爆発防護 / 製品一覧

CV-S-Iタイプ

写真1:丸型CV-S-Iタイプ

高温まで使用できるように、断熱材を内蔵、なおかつバキューム運転使用可能。 ニックネームは「息が止まるくらいの熱い愛でも受け止めます」。

  • 耐高温
  • 耐パルス
  • サニタリー
  • 耐真空
  • バキュームサポート

取付形状

角型・丸型

ベント形状

ドーム

代表的な使用例

燃焼装置、脱臭装置、溶鉱炉、電気炉、ガスエンジン

主な特徴

  • 600℃までの高温運転に使用できる
  • 断熱材、金属破片の飛散がない
  • 許容公差下限の70%までの正圧運転ができる
  • 高バキューム運転に使用できる
  • 丈夫なステンレス製バキュームサポートにより圧力変動に強い

製品概要

CV-S-Iタイプは特に高温のプロセス用に開発されたエクスプロージョン・ベントです。
このベントは両側に平坦なスリット入りの、あらかじめ破裂圧力が設定されたステンレスの板と、その間にあるテフロンシールとグラスウールのコアによる構造です。このグラスウールのコアが断熱材の役目をします。

CV-S-Iタイプはバキュームサポートを取付けたエクスプロージョン・ベントでバキュームや脈動に強く、高温でも使用できる万能タイプで、600℃までの高温で運転が可能です。また、これらの高温タイプには耐久温度1000℃のガスケットが標準で取付けられますので、高温では難しかったシール性が更に向上しました。

タイプには角型と丸型があり、断熱材を使用しているにも関わらず、テフロン製シール材が若干飛散する以外に破片の飛散はありません。

このベントの代表的な使用例は、燃焼装置、乾燥炉、焼成炉、電気炉です。

CV-S-Iタイプはガスエンジンシステム等の過酷な条件下でも最大のパフォーマンスを発揮できるように耐パルス性能を強化しています。

ガスエンジン発電設備の煙道爆発防護用取付例
図1:ガスエンジン発電設備の煙道爆発防護用取付例

製品の構造

CV-S-Iタイプはスリットの入った304SS製(DIN規格では1.4301)の2枚のディスクの間にテフロンシールを挟んでシールした構造です。

高温になる運転側をグラスウール側にして取付けます。ステンレスのディスクのスリットの裏側にはテフロンシールが損傷しないように、テフロン製のスロットカバーが組み込まれており、更に板の切り口はコンピューターによる加工でバリのないように丸くなっています。
爆発の発生時には、このスリットにそってベントは開口します。

ベントの標準材質は304SSですが、使用条件に合わせて316LSSなどの他の材質でも製作可能です。

製品諸元

表1:CV-S-Iタイプの性能
CV-S-Iタイプの性能 トップボトム シール コア ディスク 3.5≦BP<7 7≦BP≦25 25<BP≦75 型式 使用条件 ベントの形状 シートの形状(取付け面)材質 最大運転温度 許容公差 (常温(22℃)時 単位はkPa 最大許容運転圧力 バキュームサポートの有無 最大許容バキューム運転 サイクルに対する良否 パルスに対する良否 同方向、同圧力にて作動 CV-S-I 耐高温、耐高真空 ドーム フラット  *  *  *  * 600℃ ± 1.5kPa ± 2.5kPa ± 5kPa 許容公差下限の70% 表を参照 要相談 NO
  • CV-S-Iタイプの構造は図でご確認ください。
  • より高い運転可能圧力をご要望の場合は、弊社までお問い合わせ下さい。
表2:丸型CV-S-Iタイプのサイズ
丸型CV-S-Iタイプのサイズ 0.008 0.018 0.032 0.050 0.063 0.088 0.116 0.194 0.227 0.321 0.374 0.431 0.557 0.700 0.777 0.858 6″ 8″ 10″ 12″ 14″ 16″ 18″ 20″ 24″ 28″ 30″ 32″ 36″ 40″ 42″ 44″ 150A 200A 250A 300A 350A 400A 450A 500A 600A 700A 750A 800A 900A 1000A 1050A 1100A 41.5 30 25 20 18 15 12 12.5 10 10 10 10 7 7 5 5 103 103 76 69 69 69 69 69 69 69 69 69 69 69 69 69 Full Full Full Full Full Full Full Full Full Full Full Full Full −50 −40 −29 開口面積※ ベントサイズ 最小製作 圧力 kPaG 最大製作 圧力 kPaG 最大許容 バキューム kPaG (常温(22℃)) B呼称 A呼称

※ 開口面積の接続規格はASNI150です。JIS規格の開口面積はお問い合わせ下さい。

表3:角型CV-S-Iタイプのサイズ
角型CV-S-Iタイプのサイズ 320×365 285×437 500×400 500×500 470×570 500×600 500×700 625×625 500×800 500×900 566×900 500×1000 600×1000 625×1110 700×1000 800×1000 900×900 900×1000 1000×1000 1110×1110 ――― ――― 12 12 10 12 11 10 10 10 10 5 5 10 5 5 10 5 10 5 50 50 50 50 50 44 38 38 32 26 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 ――― ――― −62.5 −50 −70 −42 −36 −30 −32 −28 −20 −25 −20 −18 −18 −16 −14 −14 −12.5 −10 開口面積 ベントサイズ a×b 最小製作 圧力 kPaG 最大製作 圧力 kPaG 最大許容 バキューム kPaG (常温(22℃)) ――― ――― 0.171 0.218 0.235 0.265 0.311 0.350 0.358 0.405 0.462 0.452 0.548 0.638 0.645 0.742 0.752 0.838 0.935 1.160

※ 開口面積の接続規格はASNI150です。JIS規格の開口面積はお問い合わせ下さい。

この製品に関するご質問・お問合せ

この製品に関するご質問・お問合せ