爆発防護 / 製品一覧

ケミカル・アイソレーション

写真1:ケミカルアイソレーション用9L型消火剤コンテナ

配管、ダクト内で爆発火炎の伝ぱんを消火剤で遮断するシステムです。 ニックネームは「ケミ丸君」。

ケミカルアイソレーションシステムとは

配管、ダクト内で爆発火炎の伝ぱんを消火剤で遮断するシステムです。

発生した爆発に先行して進行する圧力波を感知し、爆発による火炎が到達する前に配管やダクトに消化剤を放出し、火炎を消炎します。これは、化学的に配管やダクトを伝ぱんする火炎を遮断することになります。

システムコンポーネントは消火剤のコンテナーに別タイプがあるほかは爆発抑止システムとほぼ同じで、爆発抑止システムに付属して使用することが可能です。

通常の配管には9ℓの専用消化剤コンテナーが使用され、大口径配管には爆発抑止システムと共用の専用消化剤コンテナーが使用されます。

図1:爆発による圧力波を感知して消火剤を噴射し、爆発火炎を遮断する作動プロセス
ケミカルアイソレーション遮断作動プロセス 消火剤コンテナー コントロールパネル ディテクター

ケミカルアイソレーション 作動テストの様子
写真2:ケミカルアイソレーション 作動テストの様子

この製品に関するご質問・お問合せ

この製品に関するご質問・お問合せ