運転中、気密試験中のラプチャーディスク破裂の原因と対策

ラプチャーディスク / FAQ / 運転中、気密試験中のラプチャーディスク破裂の原因と対策

ラプチャーディスクシート面へのペースト塗布

過早破裂したので、ホルダーからラプチャーディスクを取外したところ、ディスクに滑った痕跡が認められた。更に調べてみると、ディスクシート面にはテフロンペーストが塗布されていた。

取扱説明書を確認したところ、ディスクシート面にはシリコンペースト及びテフロンペーストの使用が禁じられていた。

このため、ホルダーのシート面を清掃して新品ディスクに交換したところ、過早破裂はなくなった。

ペーストの塗布はしないで下さい。(ホルダーとフランジ間のガスケットには、ペーストを塗布していただいて結構です。)

ホルダーとディスクのシート面にはペーストの塗布はしないでください。
図1:ホルダーとディスクのシート面にはペーストの塗布はしないでください。