ラプチャーディスク / ラプチャーディスクについて

ラプチャーディスクの選定方法とは?

ラプチャーディスクにはさまざまな型式があります。
破裂圧力や、取り扱う流体に合った材質などラプチャーディスクをどのように選ぶか解説していきます。

ラプチャーディスクの選定方法

ラプチャーディスクは型式がいつくかあり、型式だけではなく適応する仕様なども異なります。
どのように適切なラプチャーディスクを選定するのでしょうか?

ラプチャーディスクの口径選定方法

ラプチャーディスクの口径は、吹出し量計算より口径サイズを決めます。
この吹出し量計算は、ラプチャーディスクを設置する容器の適用法規や規格によって異なります。
JISで指定された計算式があるので、当てはめて計算することができます。
また、安全弁と併用する場合には、安全弁の口径に合わせて選ぶことも可能です。

ラプチャーディスクの種類の選定方法

ラプチャーディスクの種類は反転型や引張型などいくつかの型式に分かれています。
その中から適したものを選ぶには以下の項目を考慮する必要があります。
 

  • 取り扱い流体の種類(ガス、液体、ベーパーなど)
  • 脈動や真空の有無
  • ラプチャーディスクの材質(耐食性など)
  • ラプチャーディスクの破裂圧力と温度
  • 運転圧力
  • プロセスの重合の有無
  • 接続規格
  • これらの項目から、使用に適応したラプチャーディスクを絞っていきます。

    口径が幅広く対応できるラプチャーディスク

    ラプチャーディスクは1/2~24インチまでのサイズを標準で取り揃えております。
    24インチを超える口径についてはファイクジャパンまでお問い合わせください。

    まとめ

    Fike社では、さまざまな種類のラプチャーディスクを取り揃えており、材質や口径などについてもご相談に乗ります。
    これまでのラプチャーディスクだけではなく、革新的なFike社だからこその技術によって新しく作られたラプチャーディスクなどもあり、さまざまな用途に対応することができます。