年齢と許容

年齢と許容

ふじくん

ふじくん

全国の

暑いと虫が減るし逆に良くない?派のみなさま

こんにちは。

なんでしょうね?

虫って歳とともに触れなくなりますよね。

 

年を取るって

許容できることと

許容できないことが

明確になっていくことなんだなぁ

とか思っていたりします。

 

さて

そんな昨今ですが

先日、気まぐれで立ち寄ったお寺さんで

ちょっと、なんかアレなものを見かけました。

この大仏さん、

かつて見切り発車で作り始めた結果、

なんと費用が足りなくなり

ここまでしか建立できていないとのことです。

有志による寄付で完成させたい!

といった趣旨の看板がありました。

 

すごいですね。

見切り発車の上に無賃乗車までしてます。

 

隣で見ていた参拝客のみなさんが

「お金貯まってから作ればいいのにねぇ?」

と、ブツクサ言っていて面白かったです。

 

けど、ですよ。

 

見切り発車のおかげでこんなに個性的に仕上がり

経緯に思いを馳せるように仕向け、想像力を刺激し、

更に未完成の美しさ的なアート感まで醸し出すこの大仏さん

なかなかの作品なのではないでしょうか。

 

和製ミロのヴィーナス。

 

許容するということは

他者の長所や短所を「個性」と捉え受け入れることです。

年を重ねると、

そんな考え方もできるようになったりしますね。

 

暑くて水が欲しいので

池の亀、置いときます。

 

一匹が木の枝で休み始めると

我も我もと寄ってきて

こんな感じになってました。

 

こっちは無個性ですね。

許せません。

 

それでは!