CCTVドラマ

CCTVドラマ

荏原 秀樹

荏原 秀樹

大阪出張時に泊まるホテルでケーブルテレビ局の番組が観れます。
そのホテルに泊まる時には、いつも中国中央テレビ、CCTVを観ています。
音楽番組も放送しています。こんな感じです。

 

面白いのは歴史ドラマです。
これは国共内戦のドラマで、蒋介石率いる国民政府軍(後の台湾政府)と毛沢東率いる共産党軍の戦いを描いたものです。写真は命令を下す蒋介石です。

ドラマの中では、蒋介石が配下の軍団の幹部に校長と呼ばれて慕われており、立派な人望も描かれています。このような描写、CCTV局の敵国の創始者の描き方としては破格ではないかと感じました。

 

一方、CCTV局のある今の共産党中国の創始者である毛沢東は、いつも中華料理を作っており、共産党の幹部達にできた中華料理を振舞います。裏にどのような意味があるのか分かりません。
写真の中央が毛沢東で、右は恐らくイケメンと言われていた幹部の周恩来と思われます。

日本との関わりは、日中戦争だけでなく、別のところにもあります。
蒋介石は日本留学で将校となり軍事技術を習いますし、周恩来は日本留学時に初めてマルクス主義に触れています。面白いですよね!